コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相賀武夫 オオガタケオ

2件 の用語解説(相賀武夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおが‐たけお〔‐たけを〕【相賀武夫】

[1897~1938]出版業者。岡山の生まれ。大正11年(1922)小学館を創業、学年別学習雑誌小学五年生」「小学六年生」を創刊。また大正15年(1926)、小学館から娯楽誌部門を独立させ、集英社を設立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相賀武夫 おおが-たけお

1897-1938 大正-昭和時代前期の出版経営者。
明治30年4月2日生まれ。岡山市の書店の店員をへて大阪研文館に入社。18歳で東京出張所主任となる。大正11年「日本文化の基礎は小学校教育にあり」として小学館を創業。学年別学習誌を発刊して成功をおさめた。14年集英社を創立した。昭和13年8月12日死去。42歳。岡山県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の相賀武夫の言及

【雑誌】より

…創業者石川武美は〈一人一業〉を唱え主婦層だけを事業の対象としたかわりに,実用講座などの書籍出版や家庭用商品などを販売する〈代理部〉の創設によって,経営を戦略的に展開した。《小学六年生》(1922)によって家庭の学習熱をとらえた相賀武夫は,〈セウガク一ネンセイ〉にいたる学年別雑誌を次々に育てあげ,小学館の基礎をきずいた。こうした児童雑誌や婦人雑誌の競争では,とくに目をひく付録を数多く添えることが重視され,それが戦前日本の大衆雑誌の一特徴となっていた。…

※「相賀武夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相賀武夫の関連キーワード井上勝純上里春生金子増燿清岡栄之助古賀愛子諏訪兼紀玉井是博丹下茂十郎土井権大平川清蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相賀武夫の関連情報