岡山市(読み)おかやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡山〔市〕
おかやま

岡山県南部,旭川吉井川の中・下流域,岡山平野に広がる市。県庁所在地。1889年市制。1952年大野村,今村など 10村を編入。1954年財田町,高島村,幡多村,小串村,御津町の一部,1969年西大寺市,1971年一宮町,津高町など 7町 2村,1975年藤田村を編入。1996年中核市に移行。2005年御津町,灘崎町,2007年建部町,瀬戸町をそれぞれ編入。2009年政令指定都市に移行し,北区中区東区南区の 4区を置いた。中心市街地の岡山は戦国時代宇喜多直家(→宇喜多氏)の入城に始まり,江戸時代には池田氏の城下町として発展した。1891年に山陽本線が開通して以来,山陽地方の交通,経済の中心となった。産業は繊維工業のほか食品,機械工業が行なわれ,岡南地区には化学工業などが進出している。南東部の吉井川下流右岸地区の西大寺は西大寺の門前町として発達,西大寺会陽で有名。南西部は旧児島湾の干拓地で,興除,藤田,灘崎は機械化農業の先進地。児島湖は世界有数の規模の人造淡水湖として知られる。市街地北部の津高,上道はブドウ栽培が盛ん。一宮は吉備津彦神社の門前町,御津には日蓮宗不受不施派の本山妙覚寺がある。また,備中高松には豊臣秀吉の水攻めで知られる高松城跡(国指定史跡)があり,国の特別名勝の後楽園,旧岡山藩藩学,岡山城跡,造山古墳(→総社古墳群)といった国指定史跡も残る。吉備津彦神社とともに吉備ノ中山に鎮座する吉備津神社本殿と拝殿は国宝。また林原美術館には国宝の太刀 2点などが収蔵されている。児島半島の一部などが瀬戸内海国立公園に,北部が吉備清流県立自然公園,西部が吉備史跡県立自然公園および吉備路風土記の丘県立自然公園に属する。JR山陽本線,津山線,吉備線,宇野線,赤穂線が集まり,1972年には山陽新幹線が開通,1988年には岡山空港が開港。山陽自動車道,岡山自動車道,国道2号線,30号線,53号線などが通じる。面積 789.96km2。人口 71万9474(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡山市の関連情報