コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬事件 そうまじけん

世界大百科事典 第2版の解説

そうまじけん【相馬事件】

奥州の旧相馬藩主相馬誠胤(ともたね)(1852‐92∥嘉永5‐明治25)をめぐって1883年から10年以上も世間をさわがせた事件で,これが契機となり,精神衛生法の前身にあたる精神病者監護法(1900)が制定された。誠胤は14歳で家督を相続したが,24歳のころから精神変調の兆候を示し,居室に監禁される。これを家令志賀直道(作家志賀直哉の祖父)らの主家のっとりの陰謀と考えた〈忠臣〉錦織剛清(にしごりたけきよ)が83年に志賀らを私擅監禁の罪で告発,これをきっかけにお家騒動が始まった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

相馬事件の関連キーワード松林 伯円(3代目)精神科病院後藤新平飯田宏作万朝報星 亨新派

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android