相馬治胤(読み)そうま はるたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬治胤 そうま-はるたね

?-? 織豊時代の武将。
下総(しもうさ)守谷,筒戸2城(茨城県)の城主。陸奥(むつ)中村藩の祖相馬義胤(よしたね)の支族。天正(てんしょう)17年(1589)多賀谷重経(しげつね)の攻撃をふせぐ。子の秀胤はのち徳川家康につかえた。幼名は小二郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android