コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多賀谷重経 たがや しげつね

3件 の用語解説(多賀谷重経の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多賀谷重経 たがや-しげつね

1558-1618 織豊時代の武将。
弘治(こうじ)4年2月23日生まれ。多賀谷政経(まさつね)の子。天正(てんしょう)4年父の跡をつぎ常陸(ひたち)(茨城県)下妻城主となる。佐竹義重とむすんで領地を拡大したが,豊臣秀吉に所領6万石のみ安堵(あんど)される。関ケ原の戦いに際し,下野(しもつけ)(栃木県)小山で徳川家康襲撃をくわだてるが失敗し,所領を没収された。元和(げんな)4年11月9日死去。61歳。名ははじめ尊経。通称は大二郎,修理大夫

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

多賀谷重経

没年:元和4.11.9(1618.12.25)
生年:永禄1(1558)
戦国・安土桃山時代の武将。常陸国下妻城(茨城県下妻市)城主。政経の子。初名は尊経。下総守,修理大夫に任じ,道雨と号す。戦国末期,結城・佐竹両氏と目下の同盟関係を結び,常陸西部,下総北東部に領土を拡大,常陸牛久の岡見氏らを圧迫した。政局を見る目は鋭く,巧みな政治手腕多賀谷氏の最盛期を築くが,豊臣政権下で結城・佐竹両氏との両属関係を否定され,実子三経を結城氏に,養嗣子宣家(佐竹義宣の弟)を佐竹氏に付けて下妻城に隠居。慶長7(1602)年,宣家が兄義宣に従い出羽へ移ると,浪人して各地を放浪,近江彦根で死去した。<参考文献>『関城町史』通史編上

(市村高男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たがやしげつね【多賀谷重経】

1558‐1618(永禄1‐元和4)
安土桃山時代の武士。常陸下妻城主多賀谷政経の子。修理亮。結城・佐竹両氏に属して常陸南西部に勢力をのばす。1590年(天正18)豊臣秀吉の命で重経と養子宣家(佐竹義重の子)は佐竹氏に属し,実子三経は結城氏に属す。関ヶ原の戦後,所領を没収,下妻城を破却され,1602年(慶長7)佐竹氏の転封に際し宣家と出羽へ行くが,のち実子茂光らを頼り近江へ移り彦根で没す。【市村 高男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

多賀谷重経の関連キーワード多賀谷重経広橋兼勝多賀谷重経メアリーナルバメアリ永禄明石城伊藤宗看雲谷等顔

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone