コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬野馬追 そうまのまおい

知恵蔵の解説

相馬野馬追

福島県北東部の相馬3社(中村神社、太田神社、小高神社)の合同例祭に合わせて行われる行事。宇多郷(相馬市)、北郷、中ノ郷、小高郷(南相馬市)、標葉郷(双葉郡)の相双地方の5郷と呼ばれる地域一帯から、500騎余りの甲冑(かっちゅう)姿の騎馬武者が集まり、馬を走らせ競い合う勇壮な祭り。1978年、国の重要無形民俗文化財に指定された。
起源は千年以上も前、明治維新までこの地を治めてきた相馬氏の祖とされる平将門が、野馬を敵に見立てて軍事演習を行ったことに始まるという。古くは5月の申の日に行われていたといい、何度か廃絶の危機や日程変更を伴いながら現在まで続いている。近年は7月23~25日に行われてきたが、2011年から7月最終の土、日、月曜開催に変更された。
1日目の宵祭りは、3社に集合した武者が出陣式の後、祭場地に向かい、古式馬具をつけて「宵乗り」と呼ばれる競馬を行う。2日目の本祭りは、装飾された馬に甲冑姿で乗る騎馬武者が隊列を組んで祭場地に向かう「お行列」で始まる。続いて、兜(かぶと)を脱いだ騎馬武者が旗指物をなびかせながら疾走する「甲冑競馬」、打ち上げ花火に仕込んだ神旗を騎馬武者が奪い合う「神旗争奪戦」が繰り広げられる。3日目は、小高神社境内に追い込んだ裸馬を素手で捕らえて奉納する「野馬懸(のまがけ)」の神事がある。
11年は、東日本大震災の影響で開催が危ぶまれたが、鎮魂と復興のシンボルとして一部の行事のみ実施する。相馬3社のうち、小高神社は立ち入り禁止の警戒区域に、太田神社は福島第一原子力発電所から半径20~30キロメートル圏内の緊急時避難準備区域にある。

(原田英美  ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

相馬野馬追

毎年7月に相馬市、南相馬市で開かれる馬を使った伝統行事。例年は相馬地方の馬を中心に約500頭が出場する。国の重要無形民俗文化財。相馬家の始祖といわれる平将門が軍事訓練として野生の馬を追い、捕らえて神前に奉納したことが始まりとされ、1千年の歴史がある。騎馬武者が鎧(よろい)を着て、旗指し物をなびかせて疾走する甲冑(かっちゅう)競馬、2本の神旗を奪い合う神旗争奪戦など勇壮な祭り。

(2011-05-14 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうま‐のまおい〔サウまのまおひ〕【相馬野馬追】

野馬追

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

相馬野馬追(まおい)

福島県相馬地方に伝わる民俗行事。7月の相馬三社の合同例祭の際に披露される。騎馬武者による「お繰り出し」と呼ばれる出陣儀式と行列、甲冑競馬、神旗争奪戦などが行われる。1978年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうまのまおい【相馬野馬追】

福島県の祭礼行事。福島県原町市の太田神社,小高(おだか)町の小高神社,相馬市の中村神社(以上の3社を相馬妙見三社と呼ぶ)の相馬野馬追祭の祭礼行事として7月23~25日に行われる。甲冑(かつちゆう)に身を固め,旗指物をなびかせた数百騎の騎馬武者が,打ち揚げられた妙見三社の神旗を奪い合うもので,もとは武士が放牧された野馬を追うものであった。昔,平将門が野馬を敵に見立てて武を練ったのが始まりとか,将門の子孫の相馬氏が,旧領下総(しもうさ)で将門以来行われてきた氏神妙見の野馬追いの祭りを相馬に移封後も引き継いだものとか伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相馬野馬追の関連キーワード国立チェルノブイリ博物館南相馬市博物館中村(福島県)福島県南相馬市原町(福島県)相馬野馬追い祭南相馬(市)相馬(市)野馬追絵巻原町〈市〉雲雀ヶ原福島県小高城中村城

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相馬野馬追の関連情報