コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野馬追 ノマオイ

デジタル大辞泉の解説

のま‐おい〔‐おひ〕【野馬追】

福島県相馬地方の祭礼の行事。毎年7月23日から3日間行われる、南相馬市の太田神社・小高神社、相馬市中村神社の合同祭事で、武士に扮(ふん)した人が馬に乗って神旗を奪い合うもの。昔の武士が、放牧した馬を囲いの中に追い込んだ行事からできたとされる。 夏》「駒とめて―の武者水を乞ふ/楸邨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

野馬追【のまおい】

福島県相馬市の中村神社,南相馬市小高区の小高神社,南相馬市原町区の太田神社の3社合同の行事。江戸時代,6月の妙見祭に行った神事を伝えたもので,7月23日に3社から南相馬市原町区へ騎馬武者が出陣し,宵乗りが行われる。
→関連項目小高[町]原町[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

野馬追の関連キーワード国立チェルノブイリ博物館福島県南相馬市原町区本町中村(福島県)南相馬市博物館原町(福島県)相馬野馬追い祭相馬の野馬追い福島県南相馬市南相馬(市)南相馬[市]福島県相馬市小高[町]原町〈市〉相馬野馬追相馬(市)野馬追絵巻相馬流れ山日本甲冑雲雀ヶ原野馬追い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野馬追の関連情報