コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬氏 そうまうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相馬氏
そうまうじ

桓武平氏の一支族。千葉常胤の子師常の後裔。師常が下総国相馬郡を譲り受けて相馬を氏とした。鎌倉時代初期,源頼朝に仕え,陸奥国行方 (なめかた) 郡に所領を与えられた。のち胤氏が相馬郡を領し,その弟師胤は行方郡小高に移った。その後この地方の有力な豪族となり,義胤のときに豊臣秀吉,次いで徳川家康に仕え,慶長5 (1600) 年宇太 (うた) ,行方,標葉 (しめは) 3郡のうち6万石を領した。その後,利胤のとき宇太郡中林城に拠り明治維新にいたった。維新後,子爵を授けられる。 (→千葉氏 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうまうじ【相馬氏】

中・近世,下総・陸奥の武家。桓武平氏の流れをくみ,平将門の後裔と伝えられるが,直接の祖は千葉氏の祖常胤(つねたね)の次男師常(もろつね)。千葉六党の一つ。師常は下総国相馬郡を領して相馬氏を称したが,1189年(文治5)の奥州平泉討伐の功によって陸奥国行方(なめかた)郡を与えられたという。その後,胤村の五男師胤が行方郡の所領を譲られ,その子重胤が1323年(元亨3)に一族とともに行方郡に下向して奥州相馬氏をおこした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相馬氏
そうまうじ

桓武平氏(かんむへいし)の流れをくみ、平将門(たいらのまさかど)の後裔(こうえい)と伝えるが、直接の祖は千葉介(ちばのすけ)常胤(つねたね)の二男師常(もろつね)に始まる。師常は下総国(しもうさのくに)相馬郡を領して相馬氏を称し、1189年(文治5)の奥州平泉(ひらいずみ)討伐に功をあげ、陸奥国(むつのくに)行方(なめかた)郡(福島県相馬郡)を与えられた。1323年(元亨3)重胤(しげたね)が一族を率いて行方郡に移住し、小高(おだか)(南相馬市小高区)を本拠として奥州相馬氏の祖となった。以後、岡田、大悲山(だいひさん)氏などの一族とともに磐城(いわき)地方(福島県東部)に勢力を振るい、南北朝内乱では北朝に属して活躍した。1540年(天文9)以降はおもに伊達(だて)氏と抗争を展開した。1611年(慶長16)宇多(うだ)郡中村(福島県相馬市)に城下を移し、以後相馬中村藩6万石の藩主として幕末に至り、明治維新後、子爵となった。なお、重胤の伯父胤氏(たねうじ)の系統は下総相馬氏を継承し、江戸時代には5000石を領する旗本となった。[田代 脩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の相馬氏の言及

【下総国】より

…以後千葉氏は鎌倉御家人として勢力を伸張し,歴代下総守護を務めた。 常胤の嫡男胤正は千葉介(本宗)をつぎ,次郎師常は相馬御厨を与えられて相馬氏の祖となり,子孫は鎌倉末期に主流が陸奥国行方(なめかた)郡に移った。下総での所領は現在の柏市,鎌ヶ谷市,東葛飾郡沼南町に分布する。…

【中村】より

…その後1323年(元亨3)相馬重胤が,下総国から行方(なめかた)郡太田(現,原町市太田)に移って当地をおさめた。その後,1611年(慶長16)7月相馬利胤のとき,幕府から所領を安堵されたこともあって,木幡勘解由長清に命じて築城を開始し,11月に完成,12月2日小高城より移って,相馬氏代々の拠城とした。このとき城下町も整備された。…

※「相馬氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相馬氏の関連キーワード相馬盛胤(1)相馬野馬追い祭相馬義胤(2)中村(福島県)岩城重隆(1)相馬盛胤(2)相馬野馬追い南相馬(市)相馬野馬追守谷(市)相馬流れ山猪苗代玄盛小高[町]相馬(市)双葉[町]相馬[市]亘理元宗相馬御厨岩城重隆相馬顕胤

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相馬氏の関連情報