旗指物(読み)ハタサシモノ

百科事典マイペディアの解説

旗指物【はたさしもの】

指物ともいう。戦国時代に戦場で用いられた小旗または飾物。具足の背の受筒に差し込み,所属や任務を示す目印とした。形,文様など各自の趣向により種々ある。もとは守護神を勧請して加護を祈ったもの。
→関連項目はた(旗/幢/幡/旌)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はたさしもの【旗指物】

布きれや竹木,羽毛などの作り物を竿頭につけ,守護神を勧請して加護を祈ったもので,戦場では敵味方の識別に用いられるようになり,後には自己の戦功をも顕示した〈しるし〉。〈はた〉の語源や原形は明らかでないが,ひらめく布きれをいうのであろう。元来は恒例・臨時の祭りに神を招く招代(おぎしろ),依代(よりしろ)として,よりつきやすい高い棒の先端に,目だつさまざまの形体の作り物をつけ垂らしたものである(図)。
[歴史]
 ふつう神が勧請されるのは神事の場であるが,別に重要な事件は戦争であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はたさしもの【旗指物】

昔、鎧よろいの背中にさして戦場で目印とした小旗。はたさし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の旗指物の言及

【笠印】より

…印の布地には,神仏の名号・呪文・真言などをも書くが,白布に大将の家紋をすえるのが一般的である。大きさは一幅以下で,鎧の袖より小さいようであるが,中には,大笠標と称し,旗指物に類するものもある。以上は室町時代までの様相で,いわゆる軍記物類に記されており,確証となる遺品は現存しない。…

※「旗指物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旗指物の関連情報