コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

省する セイスル

デジタル大辞泉の解説

せい・する【省する】

[動サ変][文]せい・す[サ変]
反省する。
「汝謹んで其れ之を―・せよ」〈織田訳・花柳春話〉
安否を問うために訪れる。親を見舞う。
「其の間二度芳子は故郷を―・した」〈花袋蒲団

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいする【省する】

( 動サ変 ) [文] サ変 せい・す
反省する。
親の安否をたずねる。見舞う。 「老父親の病やまいを-・せむが為めである/思出の記 蘆花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

省するの関連キーワードリヒャルト・フォン ワイツゼッカーヴィルヘルム パーペートN. アルカラ・サモラサンヤ・タマサクホモ・ファーベル波多野 伝三郎ムハーシビー了解心理学絞り上げる鄙陋・卑陋モラリストテングリ六波羅蜜三浦 仁ブロード久し振り販売日報リクールダサイン省みる

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

省するの関連情報