コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

看貫 カンカン

デジタル大辞泉の解説

かん‐かん〔‐クワン〕【看貫】

品物の目方を量ること。明治の初め、生糸の取引の際に、生糸の重量を改めたことからいう。
看貫秤(かんかんばかり)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんかん【看貫】

[0] 商品や貨物の貫目を量ること。明治初期、横浜で生糸取引の時に貫目を改め見たことからいう。
[3] の時に用いた西洋製の秤はかり。台秤が主であったが、桿さお秤もあった。看貫秤。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

看貫の関連キーワードかんかん看貫秤生糸台秤貫目