コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県信緝 あがた のぶつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

県信緝 あがた-のぶつぐ

1824*-1881 幕末-明治時代の武士,官吏。
文政6年12月1日生まれ。下野(しもつけ)宇都宮藩士。安形(あがた)を県に改姓大橋訥庵(とつあん)に儒学をまなぶ。山陵の修復につくした。中老となるが,元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱にかかわったとして禁固刑。維新後,司法省判事となった。明治14年12月12日死去。59歳。字(あざな)は敬止(けいし)。通称は勇記。号は東洲,六石。著作に「県信緝修陵雑記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の県信緝の言及

【宇都宮藩】より

…家老間瀬(戸田)忠至(ただゆき)は城下出身者蒲生君平の《山陵志》を受けて,山陵奉行の任にあたり,高徳1万石を分与された。64年(元治1)筑波山の水戸天狗党は家老県信緝(あがたのぶつぐ)(六石)らに宇都宮藩の同調を求め,県は拒否したが,藩士で加わる者もおり,藩主戸田忠恕(ただゆき)は謹慎,5万石に削封のうえ,いったんは陸奥棚倉へ転封を命じられた。68年(明治1)戊辰戦争では,新政府側についたものの,日光へ敗走する大鳥圭介らと新政府軍の攻防の舞台となった。…

※「県信緝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

県信緝の関連キーワード戸田忠至山陵奉行明治時代県勇記

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android