真境名 由祚(読み)マジキナ ユウソ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「真境名 由祚」の解説

真境名 由祚
マジキナ ユウソ


職業
俳優

生年月日
明治9年

出身地
沖縄県 那覇市首里崎山

経歴
若くから芸能界入りし、「仲毛芝居」を演じた後、明治40年「沖縄座」の座長となる。そのころ沖縄で盛んに上演されるようになった歌舞伎の影響を受けて、玉城盛重の舞踊「松竹梅」を創作。また、九州の新派の俳優、松尾巳之吉から習い、沖縄で初めて回り舞台の装置を制作した。

没年月日
昭和21年 (1946年)

家族
養子=真境名 由康(琉球舞踊家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android