コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真敬入道親王 しんけいにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真敬入道親王 しんけいにゅうどうしんのう

1649-1706 江戸時代前期-中期,後水尾天皇の第16皇子。
慶安2年4月24日生まれ。母は新広義門院。明暦4年親王となり,翌年興福寺一乗院の尊覚法親王のもとで得度。寛文5年(1665)興福寺・清水寺別当をかねる。書,狩野(かのう)派の画にすぐれた。宝永3年7月6日死去。58歳。幼称は富宮。俗名は常淳。法名ははじめ信敬。著作に「唯識三十頌錦花」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真敬入道親王の関連キーワード後水尾天皇中期

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android