コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真敬入道親王 しんけいにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(真敬入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真敬入道親王 しんけいにゅうどうしんのう

1649-1706 江戸時代前期-中期,後水尾天皇の第16皇子。
慶安2年4月24日生まれ。母は新広義門院。明暦4年親王となり,翌年興福寺一乗院の尊覚法親王のもとで得度。寛文5年(1665)興福寺・清水寺別当をかねる。書,狩野(かのう)派の画にすぐれた。宝永3年7月6日死去。58歳。幼称は富宮。俗名は常淳。法名ははじめ信敬。著作に「唯識三十頌錦花」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真敬入道親王の関連キーワードカスパルチャールズ木下長嘯子チャールズ杣田光正杣田細工八重崎屋源六イーブリン関口流錦文流

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone