コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真正インフレーション しんせいインフレーションtrue inflation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真正インフレーション
しんせいインフレーション
true inflation

完全雇用が達成されている状態のもとで,貨幣数量が膨張しつつ,物価水準が上昇していく過程のこと。 J.M.ケインズの命名による。完全雇用が達成されていない段階では,有効需要の増加に伴い,失業の吸収,生産量の増大がみられ,通貨の増発が必ずしも物価上昇と結びつくとはかぎらない。しかし完全雇用段階においては,生産量が増加しないにもかかわらず通貨の増発が行われるならば,物価は騰貴していく。このような現象をインフレーションの一つの典型として真正インフレーションという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android