コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真理論 しんりろんVon der Wahrheit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真理論
しんりろん
Von der Wahrheit

ヤスパースの第2の哲学的大著。4巻から構成されるはずの『哲学的論理学』の第1巻として 1947年に刊行された。彼の後期哲学の中心概念となる「包越者」の概念と理性と実存の対概念が検討され,すべての本質的哲学的問題提起を真理との連関においてとらえようとしている。根源的直観における真理の完成の一例としての悲劇的な知の考察に1章をさいている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

真理論の関連キーワードオースティン(John Langshaw Austin)カルティエ=ブレッソンデイビッドソンアンセルムス真実らしさハーバート岩崎武雄永久機関一貫性対応説

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android