真田しん(読み)さなだ しん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真田しん さなだ-しん

1883-1975 昭和時代の箏曲(そうきょく)家。
明治16年11月23日生まれ。おさないころから祖母真田由婦とその妹亀代に松代八橋流をまなび,「八橋流三曲伝免」の伝授書をうけた。昭和32年ほろびかけていた八橋流を復活させた。44年選択無形文化財保持者。昭和50年11月27日死去。92歳。長野県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android