コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真田 さなだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真田
さなだ

長野県東部,上田市北東部の旧町域。上田盆地の北東に位置し,四阿山の南西斜面,千曲川支流の神川の上・中流域を占める。 1958年長村,傍陽村,本原村が合体して町制。 2006年上田市,丸子町,武石村と合体して上田市となった。地名の由来は中心集落の長 (おさ) が上田城主真田氏の出身地で,真田郷と呼ばれていたことによる。上田盆地に接する南部の農村地域では,古くから米作のほかリンゴなどの果樹栽培が行なわれる。北東部には菅平高原があり,高冷地野菜の栽培と観光業が発達。東部群馬県境の鳥居峠は歴史的に重要な交通路で,国道 144号線が通っており,菅平口で国道 406号線 (大笹街道) を分岐する。四阿山の的岩は国指定天然記念物。一部は上信越高原国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さなだ【真田】

「真田紐ひも」「真田織」の略。

さなだ【真田】

長野県東部、上田市の地名。戦国時代の真田氏の出身地。菅平や真田温泉などで知られる。

さなだ【真田】

姓氏の一。信濃の豪族。海野氏の出身。戦国時代、幸隆が信濃国真田荘に住したのに始まる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真田
さなだ

長野県中東部、小県(ちいさがた)郡にあった旧町名(真田町(まち))。現在は上田(うえだ)市の北部を占め、東は群馬県に接する。旧真田町は1958年(昭和33)長(おさ)、傍陽(そえひ)、本原(もとはら)の3村が合併して町制施行。町名は真田一族の発祥地であることによる。2006年(平成18)上田市に合併。旧町域内を国道144号、406号が通じる。傍陽、本原地区は近世初期から成立していた純農村。北東部の長地区は四阿(あずまや)山麓(ろく)の菅平(すがだいら)とよばれる標高1300メートルほどの火山山麓高原を中心とする地で、長く隔絶された地域であったが、明治になりようやく開拓が進められた。本原は真田一族の本拠地で、戦国時代の居館跡(県史跡)が残る。四阿山中腹の的岩(まといわ)は天然記念物。菅平高原は夏のキャンプ、スポーツの合宿地、冬のスキー場、別荘地などとして開発が進んでいるが、県を代表する高原野菜の産地でもある。角間(かくま)渓谷に真田氏の隠し湯といわれる角間温泉がある。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

真田の関連情報