コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真田織(り) サナダオリ

3件 の用語解説(真田織(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さなだ‐おり【真田織(り)】

絹糸または綿糸で真田紐のように織ったもの。帯・紐などに用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さなだおり【真田織】

扁平で厚地の細幅織物。木綿,絹,麻,ナイロン製がある。古代の織物〈綺(かんはた)〉を継承したものといわれ,帯として使われてきた。語源は天正(1573‐92)のころ,真田昌幸がこの布で刀のつかを巻いたからという説があるが,定かでない。また,さなはた(狭織)の略ともいわれる。経糸を密にした平経畝(たてうね)組織または綾織で,縞が入っている。幅は1.5~10cmくらいまで各種あり,細いものは真田紐と呼ばれ,おもに巻物や木箱の紐などに使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真田織
さなだおり

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone