真羽太(読み)マハタ

大辞林 第三版の解説

まはた【真羽太】

スズキ目の海魚。全長90センチメートルほど。ハタ類では最も代表的な魚。体は長楕円形で側扁し、頭部と口が大きい。体色は赤みを帯びた灰褐色。若魚は、淡褐色の地に七、八本の明瞭な暗褐色の横縞よこじまがあるが、成長すると不明瞭になる。食用にして美味。本州中部以南の暖海に分布。アラ。タカバ。ハタジロ。マス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

真羽太 (マハタ)

学名:Epinephelus septemfasciatus
動物。ハタ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android