真羽太(読み)マハタ

大辞林 第三版の解説

まはた【真羽太】

スズキ目の海魚。全長90センチメートルほど。ハタ類では最も代表的な魚。体は長楕円形で側扁し、頭部と口が大きい。体色は赤みを帯びた灰褐色。若魚は、淡褐色の地に七、八本の明瞭な暗褐色の横縞よこじまがあるが、成長すると不明瞭になる。食用にして美味。本州中部以南の暖海に分布。アラ。タカバ。ハタジロ。マス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

真羽太 (マハタ)

学名:Epinephelus septemfasciatus
動物。ハタ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ま‐はた【真羽太】

〘名〙 スズキ目ハタ科の海産魚。体はやや細長いタイ型で、全長一メートルを超える。尾びれ後縁はまるく、白くふちどられる。若魚は淡褐色七条黒褐色の横じまがあるが、成魚では不明瞭となる。えらぶたに少数とげを持つ。北海道南部以南、東シナ海暖海に広く分布。はたじろ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android