コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真野安通 まの やすみち

3件 の用語解説(真野安通の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

真野安通

国学者・有職故実研究家。通称小七郎、号は是翁。京都生、江戸住。伊勢貞文の門で学ぶ。また、子弟を教授し門下生は多い。著書に『家伝甲胄故事』がある。寛政9年(1797)歿、52才(歿年他説あり)。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真野安通 まの-やすみち

1730-1797 江戸時代中期の有職(ゆうそく)家。
享保(きょうほう)15年9月28日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩の有職家真野安代(やすのり)の子。家学をおさめ,江戸の伊勢貞丈(さだたけ)の門にまなぶ。甲冑の故実にくわしく,みずから甲冑を製作した。寛政9年7月20日死去。68歳。通称は文左衛門,小七郎。号は是翁(ぜおう)。名は安道とも。著作に「甲冑製作全書」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

真野安通

没年:寛政9.7.20(1797.8.12)
生年:享保15.9.28(1730.11.8)
江戸中期の有職故実家。没年に異説あり。安道とも書く。通称,小七郎,文左衛門。号は是翁。尾張(名古屋)藩故実家与左衛門安代の子。家学を継承して真野流と称す。江戸に出て伊勢貞丈に入門した。甲冑の故実に精通して,みずからも甲冑を製作した。<著作>『糸打方図註秘訣』『甲冑製作全書』『古伝甲冑故実』

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真野安通の関連キーワード倉光亀峰住山楊甫(初代)玉水弥兵衛(2代)千柄菊旦長万年徳純藤吉子虎松本秀持山地芙蓉柳枝

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone