眠れる森の美女(読み)ねむれるもりのびじょ(英語表記)La belle au bois dormant

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

眠れる森の美女(ペローの童話)
ねむれるもりのびじょ
La belle au bois dormant

ペローの童話集『過ぎし昔の物語ならびに教訓』中の一編。悪い仙女の呪(のろ)いで百年の眠りについた姫が、王子の愛で呪いが解けて眠りから覚め、2人はめでたく結婚(前段)、しかし王子の母は実は食人鬼で、王子と姫との愛児オーロール(暁姫)、ジュール(日の子)を食べようとするが、結局、怪物は退治されて真の幸福が訪れる(後段)。王子や英雄の到来で眠っている姫が目を覚ますテーマは、ヨーロッパ古来の民間伝承に豊富にあり、洞窟(どうくつ)や城の中で長らく眠るという話も古代・中世の伝説に多い。また16世紀イタリアのコント作家バジーレの『ペンタメロン(五日物語)』中の『ソレとルナとタリア』も同一テーマを追っているが、タリア姫の双生児ソレ(日の子)、ルナ(月の子)は、母親の指をしゃぶって彼女を眠りから覚ます。さらに14世紀フランスの物語『ペルセフォレー』にも同じ話がみられる。グリムの『野ばら姫』も、ペローの話の前段とほとんど同じだが、後段の母后=食人鬼の話は削られ、これは別の話として残されている。[榊原晃三]
『新倉朗子訳『完訳ペロー童話集』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眠れる森の美女の関連情報