ジュール(英語表記)James Prescott Joule

デジタル大辞泉 「ジュール」の意味・読み・例文・類語

ジュール(joule)

国際単位系(SI)の仕事エネルギー熱量の単位。1ジュールは1ニュートンの力で物体を1メートル動かすときの仕事量。英国の物理学者J=P=ジュールにちなむ。1ジュールは107エルグ。記号J

ジュール(Győr)

ハンガリー北西部の都市。ドナウ川の支流ラーバ川沿いに位置する。11世紀にハンガリー王イシュトバーン1世により司教座が置かれ、交易の拠点として栄えた。旧市街にはジュール大聖堂、ジュールバレエ団の本拠地として知られるジュール国立劇場、20世紀ハンガリーを代表する彫刻家ボルショシュ=ミクローシュの美術館などがある。ジェールジョール

ジュール(James Prescott Joule)

[1818~1889]英国の物理学者。「ジュールトムソン効果」「ジュールの法則」を発見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ジュール」の意味・読み・例文・類語

ジュール

  1. [ 1 ] ( James Prescott Joule ジェームズ=プレスコット━ ) イギリスの物理学者。電流の熱作用に関する実験を行ない「ジュールの法則」を立て、また、熱エネルギーと機械的仕事との関係を測定した。「ジュール‐トムソン効果」も発見。(一八一八‐八九
  2. [ 2 ] 〘 名詞 〙 ( [ 一 ]の名にちなむ ) エネルギーおよび仕事の単位。国際単位系の単位であり、一N(ニュートン)の力が物体に作用して一メートル移動したときのエネルギーの量。記号はJ 1J=107erg. 〔電気訳語集(1893)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「ジュール」の意味・わかりやすい解説

ジュール
James Prescott Joule
生没年:1818-89

イギリスの物理学者。マンチェスターの近くで生まれ,家庭で教育を受けた後,15歳のとき,マンチェスターでJ.ドルトンによって手ほどきを受け,物理学と化学の勉強を始めた。いくつかの職業を経験したのち,マンチェスターの近くのサルフォードの大きな醸造所の所有者となった。科学実験に興味をもち,大学の教職には一生つかなかったが,自宅の研究室で余暇に多くの研究をした。ジュールのもっとも有名な業績はの仕事当量を精密に測定したことであるが,このほかにも電流の熱作用に関するジュールの法則の発見,空気の自由拡散の際の温度効果や空気の自由膨張についての実験などの業績がある。

 ジュールの研究の始まりは,発明されたばかりの電磁石に関心をもち,電気を動力とする実用的な機械モーターが可能だとの考えで,より効率のよい電磁モーターをつくろうという試みに取り組んだことであった。彼は強い電流が流れる際,導線が非常に熱せられるのに注目し,これを防ぐ目的で電流の熱作用を調べたが,この研究の中で,熱の発生が導体の抵抗と電流の強さの2乗に比例することを発見した(1840)。ジュールはさらに熱発生に関するこの法則(ジュールの法則)を電池を含む回路全体に及ぼすことを考えた。ジュールが導かれた観点は,電池内の化学作用こそ回路全体で発生する熱の源だと見ることであり,彼は回路全体で発生する熱は消費される原子(水または亜鉛)の数に比例する(1841年の論文)と理解した。化学作用が電流に変換されたうえで,この電流が化学作用によって生み出されるのと等しい熱量を発生すると考えた。これは熱と仕事の間の当量関係についてのジュール自身の認識につながる考えであった。

 1843年の論文で報告した実験において,ジュールは容器中の液体にひたした導線での発熱量を発電機を動かす機械的仕事と関係づけることによって,熱の仕事当量の測定値を出した。機械的仕事という測定できる形に置き換えることによって,初めて制御が可能な実験方法を示すことができたのである。45年には,おもりの上げ下げによって動かす羽根車で液体をかくはんして,液体の温度上昇を測定するという有名な実験を発表した。これは以前の実験方法を発展させ,電気という仲立ちを取り去ったもので,ジュールはこのかくはんによる実験を以後いろいろな形で繰り返したが,50年の論文で示した値1cal=423gf・mが,彼の得たもっとも精密な値である。

 なお,47年4月,セント・アン教会でジュールが行った講演は,自然諸力の相互変換を無生物界,生物界,天界にわたって述べており,普遍的自然法則としてのエネルギー保存則の認識を示している。
執筆者:


ジュール
joule

仕事あるいはエネルギーの単位で,記号はJ。1J=1N・m(ニュートンメートル)と定義される。すなわち,1Jは物体に1Nの力が働いて,力の方向に1mだけ動かしたときにその力がなす仕事に等しい。例えば,1lの水を地球の重力に抗して静かに1m持ちあげるときの仕事を考えると,水の質量は約1kg,地球の重力加速度は約9.8m/s2であるから,水に働く力は1kg×9.8m/s2=9.8kg・m/s2=9.8Nであるので,9.8N×1m=9.8Jの仕事となる。国際単位系(SI)の中の固有の名称をもつ組立単位であり,イギリスの物理学者J.P.ジュールにちなんで単位名がつけられた。エネルギーの一種である熱量の単位にはカロリー(cal)がよく用いられるが,SIではカロリーは推奨しがたい単位とし,ジュールが用いられる。1lの水の温度を1℃あげるのに必要な熱量は約1000calであり,ジュールを用いれば約4190Jとなる。CGS単位系のエルグ(erg)とは,1J=107ergの関係にある。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「ジュール」の意味・わかりやすい解説

ジュール

英国の物理学者。富裕な醸造業者の子で,J.ドルトンに学んだほかは学校教育を受けなかった。1838年から自宅の実験室で研究,電流の熱作用に関するジュールの法則を確立(1840年),種々の方法で熱の仕事当量を実測(1843年),気体の自由膨張で温度が変わらないことを発見(ジュールの実験,1845年),ケルビンと協力してジュール=トムソン効果を発見(1854年),エネルギー保存の法則の確立に寄与,1862年にその測定を完成した。エネルギー・仕事の単位ジュールは彼に由来。
→関連項目エネルギー保存の法則マイヤー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ジュール」の意味・わかりやすい解説

ジュール
Joule, James Prescott

[生]1818.12.24. ソルフォード
[没]1889.10.11. セール
イギリスの物理学者。豊かな醸造家の次男に生れ,J.ドルトンに手ほどきを受けたのち,独学で一生を研究に費やした。 1840年電動機に発生する熱量を測定し,電流と発熱量に関する「ジュールの法則」を発見。熱の仕事当量の測定に移り,43年「ジュールの実験」により仕事当量の値を求めた。彼の実験はエネルギー保存則確立のうえで重大な功績であったにもかかわらず,人々の注意をひかなかったが,W.トムソン (のちのケルビン ) が認めたために普及した。 45年,気体の自由膨張の実験に着手。「ジュール=トムソンの法則」を導出。 47年,トムソンの考えに基づき,45年の実験を改良した「ジュール=トムソンの実験」により,52年「ジュール=トムソン効果」を発見する。 66年ロイヤル・ソサエティからコプリー・メダルを受けた。

ジュール
joule

仕事,エネルギー,熱量,電力量の SI組立単位。記号はJ。 1Jは大きさ 1Nの力が物体を力の方向へ 1m動かすときになされる仕事,またはその仕事に相当するエネルギー,熱量のこと。また電位差 1Vの2点間を 1Cの電気量が運ばれる電力量でもある。単位名は J.P.ジュールの名にちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版 「ジュール」の解説

ジュール
ジュール
joule

エネルギーおよび仕事の単位の一種.記号 J.1ニュートン(N)の力が物体に作用して,その方向に1 m 動かす間にその力がなす仕事.国際単位系(SI単位)の誘導単位の一つ.

1 J = 1 kg m2 s-2 = 1 N m = 107 erg.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

単位名がわかる辞典 「ジュール」の解説

ジュール【joule】

エネルギー・仕事・熱量の国際単位。記号 は「J」。1Jは物体に1ニュートン(N)の力を加え、1m移動させたときの仕事(1J=1N・m)。カロリーに代わる単位である。1ℓの水の温度を1℃上げるために必要な熱量は約4186.05J(約1kcal)である。◇名称は、イギリスの物理学者ジュールにちなむ。

出典 講談社単位名がわかる辞典について 情報

知恵蔵 「ジュール」の解説

ジュール

SIのエネルギー(仕事、熱量)の単位。固有の名称を持つ組立単位で、英国の物理学者名にちなむ。エネルギーの量は、物体に力を加えて移動させた際の仕事によって代表され、その単位ジュールは、1 Nの力を加えながら1 m移動させた際の仕事に当たる。

(今井秀孝 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

栄養・生化学辞典 「ジュール」の解説

ジュール

 仕事量,熱量などの単位.質量1kgの物体を1ニュートンの力で1m動かすときの仕事量を1ジュール(J)とする.1cal=4.184J.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のジュールの言及

【エネルギー】より

…1840年ごろ,ドイツの医師J.R.vonマイヤーは,瀉血(しやけつ)の際の患者の血の色がヨーロッパと熱帯の国々とで異なることに暗示され,力学的現象と熱現象を合わせて(さらにはもっと一般に他の形のエネルギーも含めて)エネルギー保存則が成り立たねばならないことを指摘した。実際,彼はそれに基づいて観測された気体の定圧,定積比熱の値の差から,(ジュールの実験を知らずに)理論的に熱の仕事当量の値のおおよその値を見積もることに成功している。同じころイギリスのJ.P.ジュールは,一定量の力学的仕事をすればどんな物質に対してもどんな方法ででもかならず一定の熱量が得られるはずだと考え,おもりの降下に伴う羽根車の回転によって容器内の液体をかき混ぜて熱を発生させ,この熱とおもりになされた仕事とを比べて,実験的に熱量1calが仕事4.19Jに当たることを確かめた(この数字が熱の仕事当量Jで,正しくはJ=4.186J/cal)。…

【ケルビン】より

…カルノーの研究に注目し,カルノーの原理とルニョーの実験結果に基づいて,1848年絶対温度目盛を導入,のちに彼の名にちなみその単位はケルビンと名づけられた。また,1847年のJ.P.ジュールの熱の仕事当量に関する論文の重要性を高く評価し,熱と仕事の同等性の見地からカルノー理論の一般化を試み,51年独自に熱力学第2法則を定式化した。同年トムソン効果の名で知られる熱電気の研究を行い,翌年にはジュールとともにジュール=トムソンの実験として有名な細孔栓の実験を行ってジュール=トムソン効果を発見した。…

【ジュールの法則】より

…導線に電流が流れると熱が発生する。これをジュール熱Joule’s heatといい,単位時間当りの発熱量は,電流の2乗と導線の電気抵抗の積に等しい。これがジュールの法則で,1840年にJ.ジュールが確立した。…

【熱の仕事当量】より

…ふつう,14.5℃の水1gを15.5℃に上げるのに必要な熱量を熱量の単位とし,カロリー(cal)と呼ぶ。また,MKS単位系で仕事の基本単位はジュール(J)である。これらの単位を使うとW/Q=4.186である。…

【エネルギー】より

…1840年ごろ,ドイツの医師J.R.vonマイヤーは,瀉血(しやけつ)の際の患者の血の色がヨーロッパと熱帯の国々とで異なることに暗示され,力学的現象と熱現象を合わせて(さらにはもっと一般に他の形のエネルギーも含めて)エネルギー保存則が成り立たねばならないことを指摘した。実際,彼はそれに基づいて観測された気体の定圧,定積比熱の値の差から,(ジュールの実験を知らずに)理論的に熱の仕事当量の値のおおよその値を見積もることに成功している。同じころイギリスのJ.P.ジュールは,一定量の力学的仕事をすればどんな物質に対してもどんな方法ででもかならず一定の熱量が得られるはずだと考え,おもりの降下に伴う羽根車の回転によって容器内の液体をかき混ぜて熱を発生させ,この熱とおもりになされた仕事とを比べて,実験的に熱量1calが仕事4.19Jに当たることを確かめた(この数字が熱の仕事当量Jで,正しくはJ=4.186J/cal)。…

※「ジュール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android