コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼瞼外反 がんけんがいはん Ectropion of the Eyelides

1件 の用語解説(眼瞼外反の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がんけんがいはん【眼瞼外反 Ectropion of the Eyelides】

[どんな病気か]
 眼瞼内反(がんけんないはん)(「眼瞼内反」)とは逆に、まぶたが外側を向いている状態をいいます。とくにまぶたのけが、手術などによる瘢痕(はんこん)(きずあと)にともなっておこることがよくあります。眼瞼内反と比較すると、頻度は高くありません。
 まぶたが外側にめくれ、まぶたの裏側をおおう結膜(けつまく)が露出して、外見上、目立つような重症な場合、治療します。
 結膜、瞼板(けんばん)などのまぶたの内側を構成している成分が不足していることが多いので、それらを延長する手術が行なわれます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

眼瞼外反の関連キーワード岩圏結膜眼瞼頑健眼瞼縁炎眼瞼閉鎖反射どんけつ何心地眼瞼痙攣眼瞼構造

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone