コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼胞 がんぽう

大辞林 第三版の解説

がんぽう【眼胞】

脊椎動物の胚において、前脳の両側が膨出して生じる一対の囊のう状体で、将来、目を形成する部分。 → 眼杯がんぱい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の眼胞の言及

【目∥眼】より

…【立田 栄光】
[目の発生]
 眼球の発生のようすは脊椎動物の各系統を通じて共通である。眼球の構成要素のうち,網膜,視神経,色素上皮,毛様体と虹彩の上皮は中枢神経の一部である眼胞optic vesicleがもとになって形成される。水晶体,角膜の上皮,結膜の上皮は外胚葉性の表皮由来であり,角膜の支質と内皮,強膜,脈絡膜,毛様体と虹彩の上皮以外の部分は中胚葉性の間充織由来である。…

※「眼胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

眼胞の関連キーワードオルガナイザー眼杯・眼盃神経管水晶体視神経前脳眼柄眼杯一対

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android