コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前脳 ぜんのうforebrain; prosencephalon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前脳
ぜんのう
forebrain; prosencephalon

脊椎動物の胚発生で,神経管の分化の際生じる脳胞の最前端部。胞は前脳,中脳後脳の3つに分けられ,前脳はその側壁から左右対をなす袋状の眼胞を突出,さらに端脳 (終脳) と間脳に分れる。人類では前脳のうち特に終脳の発達が著しく,左右および後方に膨大して大脳半球となり,間脳はこれに完全に包まれて外からは見えなくなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんのう【前脳】

脊椎動物の個体発生の途上に形成される脳胞の最前部。やがて前半の左右に眼胞が突き出し、前半は大脳に、後半は間脳になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の前脳の言及

【脳】より

…脊髄管がその後も原形を比較的よく保ちながら脊髄に分化,発育するのに対して,脳管は胎児の成長につれて複雑に変形する。まず脳管は前脳胞,中脳胞,菱脳(りようのう)胞の三つの膨らみ(脳胞brain vesicle)に区分されるが,さらに前脳胞は終脳胞と間脳胞に,菱脳胞は後脳胞と髄脳胞に区分される。このように脳管が五つの脳胞から成立する時期は,ヒトでは胎生5週である。…

※「前脳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前脳の関連キーワードマイヤー(Adolf Meyer)脳屈曲水頭症前半眼柄眼杯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前脳の関連情報