コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼鏡猿 メガネザル

2件 の用語解説(眼鏡猿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めがね‐ざる【眼鏡猿】

霊長目メガネザル科の哺乳類の総称。森林にすむ原始的なサルで、体長10~15センチ、尾長15~25センチ。夜行性で、目が極端に丸く大きく、首がよく回る。指先に吸盤があり、枝から枝へ跳び移って昆虫などを食する。東南アジアに分布。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めがねざる【眼鏡猿】

霊長目メガネザル科に属する哺乳類の総称。原猿類の一種。小形で、頭胴長10~15センチメートル。尾長約20センチメートル。体は淡黄色あるいは灰褐色から暗褐色。目は大きく、夜行性で樹上にすむ。昆虫・トカゲなどを食べる。フィリピン・スラウェシ・カリマンタン・スマトラなどに分布。三種に分かれる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone