コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原猿類 ゲンエンルイ

4件 の用語解説(原猿類の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんえん‐るい〔ゲンヱン‐〕【原猿類】

哺乳綱霊長目の一群で、原始的なサル類の総称。一般に小形で大脳の発達程度は低く、樹上で生活する。ツパイメガネザルキツネザルロリスの類が含まれる。アジアアフリカに分布。擬猴(ぎこう)類。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんえんるい【原猿類 prosimians】

霊長目原猿亜目Prosimiiに属する哺乳類の総称。現生の原猿類は,ツパイTupaiidae,メガネザルTarsiidae,ロリスLorisidae,キツネザルLemuridaeインドリIndriidae,アイアイDaubentoniidaeの6科からなり,21属46種が知られている。いずれも旧大陸低緯度地帯の多雨林や疎開林,サバンナなどに生息する樹上生活者である。キツネザルインドリアイアイの3科は,マダガスカルとその周辺の島々にだけ分布し,ツパイインドミャンマー,中国南部,インドシナ半島東南アジアの島々に,メガネザルスマトラボルネオセレベスフィリピンに,ロリス科のうちガラゴGalagoポットーPerodicticus,アンワンティボArctocebusはアフリカに,ほかは東南アジア,インド,スリランカに分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げんえんるい【原猿類】

霊長目原猿亜目の哺乳類の総称。原始的なサル類で、平爪ひらづめのほか、鋭い鉤爪かぎづめをもつ。多くは夜行性。キツネザル科・コビトキツネザル科・インドリ科・アイアイ科・ロリス科・メガネザル科に分けられる。擬猴ぎこう類。原猴類。 → 真猿類

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原猿類
げんえんるい
prosimian

哺乳(ほにゅう)綱霊長目原猿亜目に属する動物の総称。動物界でもっとも進化を遂げた霊長目が、本亜目Prosimiiのように原始的特性を残すグループを内包していることは注目に値する。キツネザル、ロリス、メガネザルの3下目5科20属40余種からなる。第三紀暁新世中期に北アメリカ大陸に姿を現し、始新世には旧大陸西部にも分布を広げ繁栄した。現生の原猿類は、始新世の原猿と類似の諸形質をとどめている。その歯数は、最少がアイアイの18本、ついでインドリの30本であるが、原始的な哺乳類の基本型44本よりはいずれも少ない。体の大きさは、ネズミほどのコビトキツネザルから、最大は頭胴長70センチメートルのインドリまである。一般に小形のものは夜行性、雑食、単独生活者であり、大形のキツネザル、インドリ、シファカの3属の種は昼行性で集団生活を営む。東南アジア、インド、アフリカ、マダガスカル島の、主として熱帯多雨林に分布し、すべて樹上生活者である。[伊谷純一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の原猿類の言及

【サル(猿)】より

…ヒトにもっとも近縁な動物で,ヒトとともに哺乳綱霊長目をなす。もともとニホンザルを指すことばであったが,現在ではヒト以外の霊長類の総称として用いられ,狭義には,真猿類のオマキザル科とオナガザル科の種を指す。英語では,尾の長いサルをmonkey,尾のないサルをape,原猿類をlemur,またはprosimianといっている。 いわゆるサルということばから連想するイメージは,賢そうな顔つきや目つきをもち,木登りがうまく,手先が器用で,果実や木の実を好み,群れをなして森の中でくらしている動物といったものであろう。…

【化石霊長類】より

…プルガトリウスPurgatoriusとよばれる化石で,下顎大臼歯の後部(タロニド)は低く幅広くなっていて,上顎大臼歯の突起とかみ合わせて,食物を切断するよりも圧しつぶす構造になっている。この特徴は,その後の原猿類化石ではごくふつうのもので,食虫類的というよりも霊長類のカテゴリーに含まれるものである。この形態を果実食への適応と考える人もいる。…

※「原猿類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

原猿類の関連キーワード亜目インドリウシガラゴツパイ類人猿シファカ霊長目真猿類非霊長哺乳類

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原猿類の関連情報