コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着色粒 チャクショクリュウ

デジタル大辞泉の解説

ちゃくしょく‐りゅう〔‐リフ〕【着色粒】

米穀検査における米粒の区分の一つ。粒の表面着色がみられるもの。
[補説]玄米の胚乳部の全部または一部が着色したもので、通常の精米によって着色が取り除かれないものをいう。着色の濃淡にかかわらず、着色が粒の表面全体にあるものを「全面着色粒」、表面の一部にあり、着色の大きさが直径1ミリ以上あるものを「部分着色粒」、表面の一部に赤条等が残り、その長さの合計が粒の長さの2倍以上のものを「赤米」と呼ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

着色粒の関連キーワード二等米斑点米一等米三等米

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android