コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉛白 えんぱく white lead

翻訳|white lead

6件 の用語解説(鉛白の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉛白
えんぱく
white lead

塩基性炭酸鉛の別称。組成はほぼ 2PbCO3・Pb(OH)2 で表わすことができる。白色無定形の粉末で,隠蔽力が大きいが,有毒。天然には水白鉛鉱として方鉛鉱の空洞や自然鉛の外套として産出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えん‐ぱく【鉛白】

古くからある白色顔料塩基性炭酸鉛主成分。かつて、おしろいにも用いられたが、有毒。白鉛。唐土。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉛白【えんぱく】

白鉛とも。古くからある白色顔料。主成分は炭酸水酸化鉛(II)2PbCO3・Pb(OH)2。鉛に酢酸の蒸気と炭酸ガスを作用させてつくる。塗料,陶磁器のうわぐすり,塩化ビニルの安定剤に用いられるが,一般的には塗料用が多く,油脂と結合してじょうぶな被膜をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えんぱく【鉛白 white lead】

炭酸水酸化鉛(II)の慣用名。塩基性炭酸鉛ともいう。これを主成分とする白色顔料名でもあり,白鉛ともよばれる。化学式2PbCO3・Pb(OH)2。白色六方晶系の板状結晶。比重6.14。油によく溶け隠ぺい力が大きい。400℃に熱すると炭酸ガスを出し一酸化鉛になる。水,エチルアルコールには不溶だが,酸に溶けて炭酸ガスを出し,アルカリにも溶ける。工業的製法は,金属鉛をローラーで薄いリボン状にして蒸室につるし,下に希酢酸溶液を入れた容器をおき,木炭などで加熱して生ずる炭酸ガスと酢酸の蒸気を反応させる方法によるほか,鉛粉を使う方法,鉛板を陽極,銅板を陰極として炭酸ガスを吹き込みつつ酢酸ナトリウム液を電気分解する方法がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんぱく【鉛白】

炭酸水酸化鉛(Ⅱ)の別名。有毒である。白鉛。鉛華。唐とうの土。唐土。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉛白
えんぱく
white lead

炭酸水酸化鉛()Pb3CO3(OH)2の慣用名。古くは塩基性炭酸鉛ともよび、白鉛、唐土(とうど)ともいう。六方晶系の重い粉末。もっとも古い白色顔料で、亜鉛華、チタン白、硫化亜鉛が使用されるまでは、唯一の、隠蔽力(いんぺいりょく)の大きい顔料として用いられてきたが、有毒かつ有機酸に溶けるため、使用上の制限を受け、生産量は激減した。
 一般には、薄鉛板を数多くつり下げた室に、50~70℃の二酸化炭素、空気、酢酸および水蒸気の混合ガスを送り、表面に炭酸水酸化鉛を生成させるドイツ法によるものが、隠蔽力が大きいとされている。
 耐光性、耐候性ともに大で、150℃まで安定。二酸化硫黄(いおう)に侵され、硫化水素により黒変する。塗料として用いると、付着性、弾性のよい塗膜をつくるため、木部の下塗り用、外部上塗り用に使用される。[大塚 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鉛白の言及

【絵具】より

…黄色には酸化鉄から成る黄土と,ヒ素の硫化物の石黄があり,石黄は,雄黄や雌黄などとも呼ばれ強い毒薬としても使われた。白には白土,鉛白などがあり,白土はカオリンを含む陶土で壁画や木彫彩色など各所に古くから使われた。鉛白は塩基性炭酸鉛を主成分とするものだが変色することがあり,絵巻などの古典作品の顔の色が黒く変わっているのを見ることがある。…

【白粉】より

…歴史的には,洋の東西を問わず,清浄なもの,白いものを貴び憧れる観念から出発した。白色顔料は地域によって異なるが,白土,貝殻粉,穀粉,鉛白,甘汞(かんこう)などである。鉛白(塩基性炭酸鉛)は紀元前4世紀にギリシアのテオフラストスによって発明されたといわれ,化粧料として使われはじめた。…

※「鉛白」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉛白の関連キーワード塩基性炭酸鉛硝酸鉛炭酸鉛炭酸水素塩塩基性炭酸銅炭酸水酸化鉛炭酸化ロクショウ(緑青)塩基性炭酸マグネシウム炭酸水酸化鉛(II)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉛白の関連情報