瞋怒・嗔怒(読み)しんど

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐ど【瞋怒・嗔怒】

〘名〙 いかること。腹を立てること。しんぬ。
※江戸繁昌記(1832‐36)五「一旦父親瞋怒、猛に譴責せられ、単身門を出づ」 〔北史‐鄭善果母崔氏伝〕

しん‐ぬ【瞋怒・嗔怒】

〘名〙 (「ぬ」は「怒」の呉音) 大きく目を見開いておこること。態度に表わしておこること。しんど。
※私聚百因縁集(1257)四「嗔怒の相を変現して慈眼を以て衆生を視ること」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android