譴責(読み)けんせき

精選版 日本国語大辞典「譴責」の解説

けん‐せき【譴責】

〘名〙
① 不正や過失をいましめること。しかりせめること。叱責
※続日本紀‐養老五年(721)二月甲午「王者政令不便事、天地責以示咎徴
※江戸繁昌記(1832‐36)五「一旦父親嗔怒猛て譴責せられ、単身門を出づ」 〔春秋左注‐成公一七年〕
② きびしく責めること。責めうながすこと。督促。
※東文書‐一・嘉禎四年(1238)一〇月一九日・六波羅裁許下知状「俄加譴責、不弁済者」
③ 現行の法令では戒告にあたる、公務員に対する懲戒手段。
※市制及町村制(明治二一年)(1888)町村制「其懲戒処分は譴責及過怠金とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「譴責」の解説

けん‐せき【×譴責】

[名](スル)
しかり責めること。不正や過失などを厳しくとがめること。「不注意によるミスを譴責する」
懲戒処分のうち最も軽いもの。職務上の義務違反について警告し、将来を戒めること。現在、法令上では戒告という。「譴責処分」
[類語]𠮟るおこ𠮟咤𠮟責𠮟りつける一喝大喝お目玉大目玉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「譴責」の解説

【譴責】けんせき

過失を責めとがめる。〔後漢書伝〕時に妖(しばしば)見(あら)はれ、人相ひ擾す。(詔してを召す。対へて曰く)臣伏して異を思ふに、皆國のなり。天、大に於て、殷(いんぎん)已(や)まず。故に(しばしば)變を出だして、以て譴責に當(あ)つ。

字通「譴」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android