コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

譴責 ケンセキ

デジタル大辞泉の解説

けん‐せき【×譴責】

[名](スル)
しかり責めること。不正や過失などを厳しくとがめること。「不注意によるミスを譴責する」
懲戒処分のうち最も軽いもの。職務上の義務違反について警告し、将来を戒めること。現在、法令上では戒告という。「譴責処分」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんせき【譴責】

( 名 ) スル
不正・過失・失敗などをとがめしかること。 「怠業のかどで-する」
きびしく責めること。責めうながすこと。督促。
「戒告」の旧称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

譴責の関連キーワードマッカーシー(Joseph Raymond McCarthy)日本相撲協会の懲戒処分クレディ・モビリエ事件J.R. マッカーシー文官分限令・文官懲戒令二十年目睹之怪現状ヰタセクスアリス相撲協会の罰則坂名井子縄麻呂万里小路充房ウルフスタン官場現形記戒告・誡告宮崎車之助辛犬甘秋子イェラチチ東条琴台ヘイズン久我通光日野資勝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

譴責の関連情報