矢を矧ぐ(読み)ヤヲハグ

デジタル大辞泉の解説

矢(や)を矧(は)・ぐ

(「矧ぐ」が四段活用の場合)竹に羽をつけて矢を作る。
「矢部(やはぎべ)をして―・がしむ」〈綏靖紀〉
(「矧ぐ」が下二段活用の場合)弓に矢をつがえる。
「―・げて走らせけれども」〈宇治拾遺・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やをはぐ【矢を矧ぐ】

〔「はぐ」は四段〕 矢竹に羽をつけて矢を作る。 「矢部やはぎべをして-・がしむ/日本書紀 綏靖訓
〔「はぐ」は下二段〕 弓に矢をつがえる。 「 - ・げ太刀長刀を構へて/義経記 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android