コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢竹/箭竹 ヤダケ

デジタル大辞泉の解説

や‐だけ【矢竹/×箭竹】

矢の竹の部分。矢柄(やがら)。篦(の)。
(矢イネ科の植物。山野に生え、茎は高さ約4メートル、直径約1センチで、節から枝を出し、先に披針形の葉を数枚つける。葉の裏面は白い。夏、緑色の花穂をつける。茎は節と節との間が長いので、矢柄として利用した。しのめ。しのべだけ。やじの。の。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

矢竹 (ヤダケ)

学名:Pseudosasa japonica
植物。イネ科の竹,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

矢竹/箭竹の関連キーワード印籠継ぎ・印籠継・印篭継ぎ・印篭継ヤダケ(矢竹∥箭竹)敵を見て矢を矧ぐ篦撓め・箆撓め篦被き・箆被き増田 友之丞篦代・箆代白篦・白箆増田友之丞上総袖凧能島城跡矢を矧ぐベゴニア和弓用矢八郷竹矢心は矢竹ヤダケ八女矢篦撓め三年竹

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android