コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢竹/箭竹 ヤダケ

デジタル大辞泉の解説

や‐だけ【矢竹/×箭竹】

矢の竹の部分。矢柄(やがら)。篦(の)。
(矢竹)イネ科の植物。山野に生え、茎は高さ約4メートル、直径約1センチで、節から枝を出し、先に披針形の葉を数枚つける。葉の裏面は白い。夏、緑色の花穂をつける。茎は節と節との間が長いので、矢柄として利用した。しのめ。しのべだけ。やじの。の。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例