コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢倉峠 やくらだわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢倉峠
やくらだわ

鳥取県西部,伯耆町より出雲街道と分かれて日野町に通じる街道筋にある峠。標高 483m。古くは出雲,伯耆と備中備後を結ぶ重要路にあたり,江戸時代には巡見使の通路,奥日野で産出した鉄の搬出路として利用されていた。南の鵜ノ池オシドリの生息地。奥日野県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android