日野町(読み)ひの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「日野町」の解説

日野〔町〕
ひの

滋賀県東部日野川上流域にある町。1889年町制。1955年西大路村,鎌掛村,東桜谷村,西桜谷村,南比都佐村,北比都佐村の 6村と合体。中心地区の日野は天文年間(1532~55)蒲生氏の城下町として栄え,近世には中井家はじめ多くの近江商人を出した。元禄の頃から発展した売薬の製造,販売は今日も行われる。機械・食品工場などもある。1973年日野工業団地が造成された。農村部では米作のほか日野茶を特産。丘陵地に県立種畜場がある。東部の錦向山麓の接触変質地帯は国指定天然記念物で,熊野のヒダリマキガヤ,鎌掛の屏風岩,鎌掛谷のホンシャクナゲ群落,別所高師小僧も国の天然記念物。また,比都佐神社をはじめ貴重な文化財を有する古社寺が多く,近江中山の芋競べ祭は国の重要無形民俗文化財。町域の一部は鈴鹿国定公園に属する。近江鉄道本線,国道307号線,477号線が通る。面積 117.6km2。人口 2万1873(2015)。

日野〔町〕
ひの

鳥取県南西部,日野川中流域にある町。 1959年根雨町と黒坂町が合体して成立。江戸時代初期,黒坂は関氏の城下町,根雨は出雲街道に沿う宿場町として発展。山地が広く林業製材業のほか,米作,畜産が行われる。重要文化財をもつ古刹長楽寺,ツツジの名所滝山公園,中国電力の貯水池鵜ノ池などがあり,一帯は奥日野県立自然公園に属する。日野川に沿って JR伯備線,国道 180号線が通る。面積 133.98km2。人口 3278(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android