矢大神門・矢大臣門(読み)やだいじんもん

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 神社の守護神矢大神左大神)の木像両側に安置された随身門の俗称。〔書言字考節用集(1717)〕
[2] 近世、特に、江戸浅草の浅草寺の東側にあり、馬道(うまみち)から遊郭吉原に通じる門。寛永一九年(一六四二)に焼失した上野東照宮の本門として建てられたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android