コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬道 メドウ

デジタル大辞泉の解説

め‐どう〔‐ダウ〕【馬道】

殿舎と殿舎を結ぶために設けた厚板を敷いた簡単な通路。馬を中庭まで引き入れるときには、一部を取りはずせるようにした切馬道(きりめどう)を用いた。のちには長廊下の称。

めん‐どう〔‐ダウ〕【馬道】

めどう(馬道)」の音変化。
「あそこの―におっかけては」〈平家・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めどう【馬道】

寝殿造りなどで、殿舎と殿舎の間を土間廊下とし、必要なときに馬を引きいれるようにした所。普段は板を敷いておく。後世は長廊下の別称。めんどう。めど。切り馬道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

馬道の関連キーワード新門辰五郎(しんもんたつごろう)金原亭 馬生(9代目)市川 段四郎(2代目)金原亭 馬生(5代目)沢村 宗之助(初代)市川段四郎(2代)晋(中国の王朝)賀茂別雷神社境内サンベルナール峠瀬川如皐(3代)木馬(きうま)市川 莚十郎有馬 純文喜谷 六花高杉 早苗有馬街道寝殿造り后町の廊切り馬道小川松民

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬道の関連情報