コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢崎虎夫 やざき とらお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢崎虎夫 やざき-とらお

1904-1988 昭和時代の彫刻家。
明治37年7月25日生まれ。平櫛田中(ひらぐし-でんちゅう)に師事。昭和4年院展に初入選,院展白寿賞3回。39年渡仏し,ザッキンに師事。41年日府展で文部大臣賞。48年長野市野外彫刻賞。晩年は仏教を主題に木彫像を制作。昭和63年9月24日死去。84歳。長野県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「雷電像」「托鉢」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

矢崎虎夫の関連キーワード蓼科高原美術館 矢崎虎夫記念館昭和時代彫刻家

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android