矢崎虎夫(読み)やざき とらお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「矢崎虎夫」の解説

矢崎虎夫 やざき-とらお

1904-1988 昭和時代の彫刻家。
明治37年7月25日生まれ。平櫛田中(ひらぐし-でんちゅう)に師事。昭和4年院展に初入選,院展白寿賞3回。39年渡仏し,ザッキンに師事。41年日府展で文部大臣賞。48年長野市野外彫刻賞。晩年仏教主題に木彫像を制作。昭和63年9月24日死去。84歳。長野県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「雷電像」「托鉢」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android