矢崎虎夫(読み)やざき とらお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「矢崎虎夫」の解説

矢崎虎夫 やざき-とらお

1904-1988 昭和時代の彫刻家。
明治37年7月25日生まれ。平櫛田中(ひらぐし-でんちゅう)に師事。昭和4年院展に初入選,院展白寿賞3回。39年渡仏し,ザッキンに師事。41年日府展で文部大臣賞。48年長野市野外彫刻賞。晩年仏教主題に木彫像を制作。昭和63年9月24日死去。84歳。長野県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「雷電像」「托鉢」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android