コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井鶴三 いしい つるぞう

デジタル大辞泉の解説

いしい‐つるぞう〔いしゐつるザウ〕【石井鶴三】

[1887~1973]彫刻家・洋画家・版画家。東京の生まれ。柏亭は兄。堅実な作風で知られ、新聞小説の挿絵も描く。日本版画協会会長。芸術院会員。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

石井鶴三【いしいつるぞう】

彫刻家,洋画家。東京生れ。日本画家石井鼎湖を父とし,石井柏亭の弟。洋画を小山正太郎に,彫刻を加藤景雲に学ぶ。東京美術学校彫刻科卒後,1916年日本美術院同人に推され,1944年母校教授となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井鶴三 いしい-つるぞう

1887-1973 大正-昭和時代の彫刻家。
明治20年6月5日生まれ。石井鼎湖(ていこ)の3男。石井柏亭の弟。大正3年日本美術院にくわわり,5年院同人。油彩,水彩,版画にもすぐれ春陽会,日本水彩画会の会員となった。昭和19年母校東京美術学校(現東京芸大)の教授。25年芸術院会員。小説「大菩薩峠」「宮本武蔵」などの挿絵も担当した。昭和48年3月17日死去。85歳。東京出身。代表作に「母古稀像」「俊寛」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしいつるぞう【石井鶴三】

1887‐1973(明治20‐昭和48)
彫刻家,洋画家,版画家。画家石井鼎湖の三男として東京に生まれる。柏亭は長兄。小山正太郎の不同舎で洋画を,加藤景雲に木彫を学び,東京美術学校彫刻科選科に入学,1910年に卒業,翌年第5回文展に《荒川嶽》が褒状,14年日本美術院彫刻部に入り,その研究所で中原悌二郎戸張孤雁らを知り,16年日本美術院同人となった。深い自然観照に基づく堅牢な骨格をもった彫刻は,院展彫刻部で指導的な役割を果たした。油絵,水彩,木版画も数多く発表し,18年日本創作版画協会の創立に参加,のち春陽会,日本水彩画会の会員となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いしいつるぞう【石井鶴三】

1887~1973) 彫刻家・洋画家・版画家。東京生まれ。東京美校卒。柏亭の弟。彫刻は写実的で堅実味のある作風が特徴。洋画・版画でも活躍、「大菩薩峠」などの挿絵もかいた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石井鶴三
いしいつるぞう

[生]1887.6.5. 東京
[没]1973.3.17. 東京
彫刻家,画家。画家石井鼎湖の3男,石井柏亭の弟。小山正太郎に絵を,加藤景雲に木彫を学ぶ。 1910年東京美術学校卒業後,11年文展で受賞したが,15年再興院展彫刻部に移り,16年日本美術院同人となって,構築性の強い堅牢な作風により指導的役割を果す。東京美術学校教授,日本芸術院会員のほか,日本版画協会会長,日本水彩画会会員としても活躍。また中里介山著『大菩薩峠』などの挿絵でも有名。主要作品『母古希像』 (1927) ,『俊寛 (頭部試作) 』 (30,東京国立近代美術館) ,『裸婦浴後』 (木版,23頃) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石井鶴三
いしいつるぞう
(1887―1973)

彫刻家、洋画家、版画家。画家石井鼎湖(ていこ)の三男として東京に生まれる。洋画家石井柏亭(はくてい)は長兄。1910年(明治43)東京美術学校彫刻家選科卒業、翌年第5回文展で褒状、14年(大正3)日本美術院彫刻部に入り、16年日本美術院同人となった。深い自然観照による堅牢(けんろう)な骨格の彫刻で院展彫刻部に指導的役割を果たした。油絵、水彩、木版画でも活躍し、春陽会会員、日本版画協会会長となった。44~59年(昭和19~34)東京芸術大学教授を務め、50年に日本芸術院会員となる。代表作に彫刻『母古稀(こき)像』『俊寛』『藤村先生像』など。また、『大菩薩(だいぼさつ)峠』『宮本武蔵(むさし)』など新聞小説の挿絵でも知られている。[三木多聞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の石井鶴三の言及

【イラストレーション】より

…従来の木板版下絵から写真製版への変換がなされ,新聞のみならず,大衆雑誌,少年少女雑誌が多種多様に創刊されることによって,浮世絵系の挿絵が衰退し,日本画家,洋画家がともに続々と登場した。ことに1921年上司小剣《東京》(《東京朝日新聞》)に描いた石井鶴三のコンテによる挿絵は,新しい時代への幕を開いた。これに続く25年開始の中里介山《大菩薩峠》(《大阪毎日新聞》)は,鶴三および洋画家の進出の決定打となった。…

※「石井鶴三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石井鶴三の関連キーワード石井鶴三美術資料室村田 徳次郎中原 悌二郎笹村 草家人小山 正太郎天明 愛吉笹村草家人東京パック宮本 重良石井 鶴三矢崎 虎夫村田徳次郎昭和時代三木多聞小川竜彦

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android