矢田作十郎(読み)やだ さくじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢田作十郎 やだ-さくじゅうろう

?-1563 戦国時代の武将。
三河(愛知県)の人。徳川家康につかえ勇猛で知られた。永禄(えいろく)6年三河一向一揆(いっき)にくみして家康に敵対し,11月25日小豆坂(あずきざか)(岡崎市)で戦死した。名は助吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android