矢部禎吉(読み)やべ ていきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢部禎吉 やべ-ていきち

1826*-1880 明治時代の治水家。
文政8年12月生まれ。阿波(あわ)水田村(徳島県土成町)の商人。明治5年から寺井甚平とともに,水田村日吉池,土成村竹之花池,八幡村姥(うば)ケ池,庚申谷(こうしんだに)池などの溜め池をつくり,用水確保につとめた。明治13年5月死去。56歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android