コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢部騰谷 やべ とうこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢部騰谷 やべ-とうこく

1774-1838 江戸時代後期の儒者。
安永3年生まれ。陸奥(むつ)の人。幕府の同心をつとめ,「論語三家定説考」「抱関休暇漫筆」などをあらわした。天保(てんぽう)9年2月4日死去。65歳。名は保恵。字(あざな)は誨人。通称は為八郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

矢部騰谷の関連キーワード元素発見史(年表)桜田門外の変/参加者一覧ルイルイゲーテマサチューセッツワシントン(George Washington)総合年表(アメリカ)日本の医学史(年表)宇田川榕菴