矢野吉重(読み)やの よししげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野吉重 やの-よししげ

1598-1653 江戸時代前期の画家。
慶長3年生まれ。雲谷派である雲谷等顔の弟子田代等(とうほ)にまなぶ。細川忠興(ただおき)・忠利父子につかえ,小倉城,熊本城,泰勝寺などの障壁画をかいたとされる。細川家の絵師矢野家の初代承応(じょうおう)2年閏(うるう)6月6日死去。56歳。通称は三郎兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

矢野吉重

没年:承応2.閏6(1653)
生年:慶長1(1596)
江戸初期の熊本藩の絵師。通称三郎兵衛。祖父は丹後(京都府)峰山城主矢野藤一。細川忠興・忠利父子に仕え,熊本城などに画作を残したと伝えられる。<参考文献>滝精一「肥後の画人矢野氏」(『国華』319号),同「矢野吉重の墨画に就いて」(『国華』638号)

(川本桂子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android