コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢野吉重 やの よししげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野吉重 やの-よししげ

1598-1653 江戸時代前期の画家。
慶長3年生まれ。雲谷派の祖である雲谷等顔の弟子田代等甫(とうほ)にまなぶ。細川忠興(ただおき)・忠利父子につかえ,小倉城,熊本城,泰勝寺などの障壁画をかいたとされる。細川家の絵師矢野家の初代。承応(じょうおう)2年閏(うるう)6月6日死去。56歳。通称は三郎兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

矢野吉重

没年:承応2.閏6(1653)
生年:慶長1(1596)
江戸初期の熊本藩の絵師。通称三郎兵衛。祖父は丹後(京都府)峰山城主矢野藤一。細川忠興・忠利父子に仕え,熊本城などに画作を残したと伝えられる。<参考文献>滝精一「肥後の画人矢野氏」(『国華』319号),同「矢野吉重の墨画に就いて」(『国華』638号)

(川本桂子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

矢野吉重の関連キーワードフランス史(年表)チャップマン太閤検地伊奈忠治クロムウェル(Oliver Cromwell)マザラントロンプトロンプフェリペマルティンス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android