コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲谷派 ウンコクハ

5件 の用語解説(雲谷派の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うんこく‐は【雲谷派】

桃山時代、雪舟正系を自称した、雲谷等顔の流れを継ぐ日本画の一流派。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うんこくは【雲谷派】

桃山~江戸時代の画派。雲谷等顔を開祖とし,おもに中国地方で活躍した漢画の流派。等顔は毛利輝元に仕えたが,1604年(慶長9),国替で毛利家が萩に居城を移したとき,等顔の長子等屋は広島に残り,福島正則に仕えたのに対し,次男等益(?‐1639ころ)は父に従って萩に移り,18年,等顔の没後,その後を継いだ。以降,代々萩藩お抱え絵師の立場を保持したが,等屋の子孫もおのおの萩藩に画師として取りたてられることがあり,これらを雲谷派と総称する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うんこくは【雲谷派】

日本画の一流派。雲谷等顔が雪舟の雲谷庵を再興、その画系を継承したためこの名がある。豪放な構図が特徴。萩市を中心に作品が残る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲谷派
うんこくは

雲谷等顔」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲谷派
うんこくは

桃山時代の雲谷等顔(とうがん)を祖とし、江戸末期に至るまで300年の伝統を誇った画派。等顔が毛利(もうり)家の庇護(ひご)のもと雪舟(せっしゅう)の雲谷庵(あん)を再興、代々雪舟正系を標榜(ひょうぼう)したためこの名がある。等顔のあとは、長子等屋(とうおく)が福島正則(ふくしままさのり)に仕えたが早世し、次子の等益(とうえき)が本家を継承した。以後数家に分かれ、絵師として毛利家に仕えた。西国の地方画派として萩(はぎ)を中心に活躍し、現在も同市を中心に遺作が多いが、等益やその子等與(とうよ)、等爾(とうじ)などは中央画壇にも進出、大徳寺や東福寺に作品を残し、また禁裏の襖絵(ふすまえ)制作にも参加した記録がある。雪舟様(よう)を忠実に保守した山水図や花鳥図に優れた作がみられる。[榊原 悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲谷派の関連キーワード雲谷等意雲谷等的雲谷等益雲谷等璠雲谷等村雲谷等屋雲谷等徴雲谷等哲雲谷等与矢野吉重

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雲谷派の関連情報