コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢野正世 やの まさよ

1件 の用語解説(矢野正世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野正世 やの-まさよ

1889-1936 大正-昭和時代前期の新聞人,著述家。
明治22年1月12日生まれ。東京毎夕新聞,万朝報,読売新聞で営業局長などをつとめる。蓄財に関する著作をあらわし,また錦浪の名で川柳後援者として知られた。昭和11年10月17日死去。48歳。茨城県出身。俳号は不孤庵有隣。筆名は谷孫六。著作に「岡辰押切帳」「孫六銭話」「大正柳だる」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

矢野正世の関連キーワード敦子女王井伊直方大久保光野小泉辰之助杉村鎮夫相馬孟胤原錦吾原口徠松村瞭和田操

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone