コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知性改造論 ちせいかいぞうろんTractatus de intellectus emendatione, et de via, qua optime in veram rerum cognitionem dirigitur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知性改造論
ちせいかいぞうろん
Tractatus de intellectus emendatione, et de via, qua optime in veram rerum cognitionem dirigitur

オランダの哲学者バルフ・ド・スピノザの著。 1661年頃書かれ,著者の死後,77年に遺稿集のなかに収められ出版された。全自然すなわちとの合一至上の幸福とし,そのためになすべき知性の浄化,改善を主題とする方法論の書。直観のなかに理論的理性の限界を越えて神をとらえる能力を認め,神の観念より出発し,ほかのすべてをそこから演繹する方法を真の方法としている。ここに示された多くの思想は『エティカ』 (1675) へと発展している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知性改造論の関連キーワードオランダ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android