知性改造論(読み)ちせいかいぞうろん(英語表記)Tractatus de intellectus emendatione, et de via, qua optime in veram rerum cognitionem dirigitur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知性改造論
ちせいかいぞうろん
Tractatus de intellectus emendatione, et de via, qua optime in veram rerum cognitionem dirigitur

オランダの哲学者バルフ・ド・スピノザの著。 1661年頃書かれ,著者の死後,77年に遺稿集のなかに収められ出版された。全自然すなわちとの合一至上の幸福とし,そのためになすべき知性の浄化,改善を主題とする方法論の書。直観のなかに理論的理性の限界を越えて神をとらえる能力を認め,神の観念より出発し,ほかのすべてをそこから演繹する方法を真の方法としている。ここに示された多くの思想は『エティカ』 (1675) へと発展している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android