コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知的所有権の貿易関連の側面に関する協定 ちてきしょゆうけんのぼうえきかんれんのそくめんにかんするきょうていAgreement on Trade-Related Aspects of Intellectual Property Rights

1件 の用語解説(知的所有権の貿易関連の側面に関する協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知的所有権の貿易関連の側面に関する協定
ちてきしょゆうけんのぼうえきかんれんのそくめんにかんするきょうてい
Agreement on Trade-Related Aspects of Intellectual Property Rights

特許権意匠権著作権,新技術のノーハウなど,知的財産権知的所有権)の保護を目的とした国際協定TRIPS協定ともいう。関税と貿易に関する一般協定(ガット)のウルグアイ・ラウンドにおいて,サービス貿易交渉グループ GNS(→サービス貿易),貿易関連投資措置 TRIMとともに新分野として交渉され,1994年4月にモロッコマラケシュで行なわれたガット閣僚会議で最終合意し,1995年1月に発効した。国際的に取り引きされる商品やサービスにおける知的財産の価値が重要視されるようになり,アメリカ合衆国を中心とした先進国が,知的財産権の十分な保護のための国際的ルールづくりの必要性を訴えていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

知的所有権の貿易関連の側面に関する協定の関連情報