コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知的所有権の貿易関連の側面に関する協定 ちてきしょゆうけんのぼうえきかんれんのそくめんにかんするきょうてい Agreement on Trade-Related Aspects of Intellectual Property Rights

1件 の用語解説(知的所有権の貿易関連の側面に関する協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知的所有権の貿易関連の側面に関する協定
ちてきしょゆうけんのぼうえきかんれんのそくめんにかんするきょうてい
Agreement on Trade-Related Aspects of Intellectual Property Rights

特許権意匠権著作権,新技術のノーハウなど,知的財産権知的所有権)の保護を目的とした国際協定TRIPS協定ともいう。関税と貿易に関する一般協定(ガット)のウルグアイ・ラウンドにおいて,サービス貿易交渉グループ GNS(→サービス貿易),貿易関連投資措置 TRIMとともに新分野として交渉され,1994年4月にモロッコマラケシュで行なわれたガット閣僚会議で最終合意し,1995年1月に発効した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知的所有権の貿易関連の側面に関する協定の関連キーワードロイヤルティノーハウ技術輸出意匠登録特許品意匠原簿特許権の消滅特許権の存続期間法定通常実施権無審査主義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

知的所有権の貿易関連の側面に関する協定の関連情報