コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知能指数の分布 ちのうしすうのぶんぷdistribution of intelligence

1件 の用語解説(知能指数の分布の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知能指数の分布
ちのうしすうのぶんぷ
distribution of intelligence

知能検査によって測定された知能指数 IQは,おおよそ平均値を 100とし標準偏差を 15とする釣鐘状の正規分布をなす。 IQ85~115の範囲内に全体の 60%以上が含まれ,両端に近づくにつれて出現率が減少し,IQ140以上では約 0.6%,IQ50以下では約 0.1%となる。通常 IQ70以下の児童を遅滞児という。 L.M.ターマンが作成したスタンフォード=ビネテストを実施した結果の,IQの分布が知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone