短才(読み)タンサイ

デジタル大辞泉の解説

たん‐さい【短才】

才能が乏しいこと。また、その人。自分の才能をへりくだっていう。「浅知短才

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんさい【短才】

才能のたりないこと。才能の劣っていること。自分の才能をへりくだっていう時にも用いる。不才。非才。 「 -の身」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐さい【短才】

〘名〙 才能の劣っていること。才知の乏しいこと。また、その人。また、自分の才能をへりくだっていう。
※朝野群載‐七・天慶元年(938)八月一三日「代大匠而運短才者、傷手之憂何免」
※太平記(14C後)二四「此宗を好む世は、必亡びずと云事なしと申条、愚案、短才(タンさい)の第一也」 〔雍陶‐再経天涯地角山詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android